奈良県御所市 片上醤油、片上夫婦をお迎えして

やちこの女将奮闘記 vol.3

こんにちは、やちこです。

2020年1月10日、MYSHで奈良県の奥大和関係人口創出イベントが開催されました。
今回のゲストは奈良県御所市の片上醤油さんです。ご夫婦でお話してくださいました。
発酵のこと、お醤油のこと、木桶のこと、木桶に最適な木のことなどなどたくさんお話頂きました。絞る前の貴重なお醤油も味見させてもらって、とっても美味しかったです。

木桶には微生物が住みついてお醤油が美味しくなりますが、木桶でお醤油を作るところは、木桶の製造が少なくなったり、費用対効果で醤油業界では全体の1%ほどだそうです。この文化、是非とも残していきたいですね。

また、『地理バッ地理塾』も主宰ベテラン地理教諭澤内さんのトーク、全国のお雑煮に詳しい株式会社お雑煮やさん代表の粕谷さんにもお話頂きました。
澤内さんも粕谷さんも、興味を持って楽しく学んでもらう、伝えていくということがとてもお上手で楽しいお話は、あっと言う間でした。

今回、片上醤油さんのお醤油や奈良の食材を使って作ったお料理です。

そうめんふしの素揚げ
そうめんふしは三輪そうめんを使用。初めて食べましたが、そうめんにもともと塩味があるので、素揚げするだけで美味しいおつまみになりました。そうめんを作るときにできる端などですが、無駄なく使えて嬉しいです。

MYSH名物おつまみプレート
大人気いぶりがっこチーズと、カニカマ海苔巻です。

大和まなと薄揚げのお浸し
大和まなとは、小松菜に似たお野菜で、大和の伝統野菜です。今回初めて知りました。淡色醤油を使い、お浸しにしました。

さしみこんにゃく
海なし県では蒟蒻がよく作られるようで、美味しいさしみ蒟蒻を天然醸造のお醤油で。

■ローストビーフ
重ね仕込み醤油はローストビーフで。
お肉に負けないお醤油、美味しかったです。

■奈良のお雑煮
お雑煮は糀谷さんが作ってくださいました。
丸い焼き餅、白味噌仕立てで、きな粉をつけて食べるそうです。
お餅の形やお野菜など切り方にもいろんな願いが込められていて、食べると運気が上がる気がしました。こういう伝統って素敵です!

■焼き餅
砂糖が入った甘めのお醤油、焼き餅醤油で頂きました。

奈良の食材や、お醤油で、豪華なお料理が出来ました。今回のお餅は、片上醤油さんが臼と杵でついてくださったものでした。丸餅はなめらかで、よく伸びました。焼き餅にした四角いお餅はお米の形が少し残っていて、お醤油が絡み美味しかったです。

生産者やその地方に詳しい方とお話出来たり、知らない美味しい食材に出会えたり、やはりこういう地方創生のイベントは楽しいです。
奈良県は大仏と鹿と思っていましたが、どこの観光ガイドにも載っていないことが知れてもっといろんなところに行ってみうと思いました。

いつかMYSHで、私の地元能登のイベントもやってみたいです(^^)その為にも、もっといろいろ勉強します!

今回もご参加くださった皆さま、ありがとうございました😊

(Visited 4 times, 1 visits today)